よろこんで!**してみました。

40代後半のオジさんが、何気ない日常生活で楽しいと思うことを、つれづれに書く雑記ブログ。美術・落語・スポーツ観戦・グルメ・お酒等々。たまには、なにか語ることもあるかも・・・

われ思う:何気ない週末(92記事目)

こんばんは。このブログもこれで92記事目になりました。

92記事目って、何にもキリが良いわけではないですよね。でも、このブログ、46記事目の自己紹介で書いた通り、46歳も終わる頃、ブログを書こうと思って、「よろ(46)こんで・・・」という名前にしたので、92は「46×2」。このブログ的にはキリ番のつもりです。

でも、92という、普通にキリも良くない数字に因み、普通に何気ないことの積み重なった今週末を振り返ってみたいと思います。

(我ながら、とりとめもない内容になりました^_^;)

 

1. 金曜日の夜:乃木坂・国立新美術館東山魁夷展」

今週末は、仕事もさっさと切り上げて、私の一番の趣味の美術展・東山魁夷展に行ってきました。

yorocon.hatenablog.com

このブログをはじめようと思ったきっかけの一つに、仕事を一緒にした人たちと飲んだときに、たまたま美術展好きな人がいて、その人と美術展の話を肴にした飲み会をしたところ大いに盛り上がって、こういう楽しいことが、普段の生活の中でもできないものかと考えた、ということがあります。初期の頃の記事ですが、そのときの様子はこんな感じ。

yorocon.hatenablog.com

  美術展について書いているときは、時間はかかるのですが、とても楽しいし、鑑賞記録として自分のためにもなっています。でも、記事を書いてて、まとめきれない展覧会もあります。それは「仏像」です。私は、学生時代から神社・仏閣を廻るのが好きで、恐らく若い時から最も長く接している美術なのですが、なぜか難しいですね。仏像、奥深いです。(他ができている訳ではないですが)

実は、この秋も醍醐寺展以外に2つ仏像展に行っているので、是非、記事にまとめられるよう挑みたいと思います。因みに、醍醐寺展についてはこちら。

yorocon.hatenablog.com

 

2. 土曜日の昼:三鷹・「芙蓉菜館」&「AK Labo」

  この日は特に予定もなかったので、奥様の要望もあり、車で三鷹あたりで食事をしてきました。まずは、こちら。

 

(1) 三鷹「芙蓉菜館」(ふようさいかん)

場所はこちらです。

loco.yahoo.co.jp

こちらは、三鷹駅南口から商店街を歩いて5分くらいのところでしょうか。三鷹の美味しい中華屋さんです。味は上品で女性でも食べやすいと思います。(奥様のお気に入り)

土曜でもランチで陳・麻婆豆腐ランチ(860円)とかやっていますが、今回は担々麺とカニチャーハンを頂きました。担々麺はそんなに辛みはなく、細目の麺にスープが絡み美味しいです。

f:id:YoroCon:20181119015936j:image
f:id:YoroCon:20181119015939j:image

カニチャーハンもカニもたっぷり、脂っこくなく、やはり上品な味付けで女性向けだと思います。

f:id:YoroCon:20181119020147j:image

 

  私は学生時代に初めてとんこつラーメンを知って、食べ歩くようになりました。このブログを書くようになってからは、とんこつに限らず、美味しそうなところには行って食べてみるようになりました。ブログをはじめてお店の幅が広がりました。これからも、美味しいラーメンに出会えたら、勝手に紹介していきたいと思います。

 

(2) 三鷹「AK Labo」(エーケーラボ)

  昼食の後は「お茶」しに行こう!となり、これまた奥様の好きなケーキ屋さんに。

場所は三鷹の駅からも吉祥寺の駅からも少し歩きますが、成蹊大学の直ぐそばの住宅街の中のケーキ屋さんで、中でケーキと一緒にコーヒー等もいただけます。(もちろん、買ったケーキの持ち帰りも可能です)

aklabo.com

こちらは、フランス菓子が中心で、特に焼き菓子やタルトなどが美味しいお店です。

f:id:YoroCon:20181119020103j:image
f:id:YoroCon:20181119020110j:image
f:id:YoroCon:20181119020106j:image

(かぼちゃのタルトです)

フランスにまつわる本等、書籍も置いていてコーヒーを飲みながら、書籍を見ることもできます。とても、落ち着いた空間です。

f:id:YoroCon:20181119020211j:image

フランスのフリーペーパー(日本語版)も配布しています。

 

フランス。大好きで、これまで3回行きました。今後、フランス(=ほとんどパリ)旅行の記事もまとめて行けたらなぁと思います。(なかなか、書けていませんが^^;)

 

3. 土曜日の夜:花小金井・「お風呂の王様」

  この日は、お茶した後に、温泉に行きました。といっても、都内で入れる温泉「王様」です。施設は整っているし、結構良いお風呂ですよ。とてもリラックスできます。

花小金井店 | おふろの王様

私は、若かりし頃、仕事で長いこと大分にいたので、温泉によく行ってました。最近はサウナにもはまっています。特に水風呂!以前はサウナ上がりの水風呂は冷たすぎて、入れなかったのですが、この歳になって、意を決して入ってみると水風呂から出た後の気持ち良さ、開放感にすっかりはまってしまっています。これからは温泉をはじめとした国内旅行などについても、いろいろと記事を書いていきたいなぁと思っています。(行けたら、良いなぁ)

f:id:YoroCon:20181119020402j:image

湯上りのソフトクリーム。最高でした!

 

4. 日曜日の昼・横浜市アートフォーラムあざみ野・青葉区民芸術祭2018(書道)

  今日は、府中の運転免許試験場で免許の更新をした後、あざみ野駅近くで開催されている青葉区民芸術祭に行ってきました。

f:id:YoroCon:20181119020453j:imagef:id:YoroCon:20181119020505j:image

会社の先輩が書道作品を出品されているとのことで、拝見させてもらいました。

会場には行書、草書、隷書、創作等々、多数の方の作品が展示されています。私も趣味で少し書道をしているので、知っている方の作品が出展されているとなると見に行きたくなりますし、いろいろな方の作品を目の当たりにして、「自分には書けない線だなぁ」とか、「私が書いたら、こういう感じかなぁ」とか、想いを巡らせながら鑑賞するのが楽しく、刺激を受けました。

書は、やり直しがきかないので、毎回、毎回、書くたびに違う線・形と向き合いながら作品に仕上げなければいけません。上手く書こうと欲を出せば、うまくいかない。作品に仕上げるには、自分の中で何回もトライ&エラーを繰り返しながらの生みの苦しみもあり、一つ一つの作品を見ながら、感服する次第でした。

本当は作品もご紹介したいところですが、ここは私の感想までということで。

今週は、私も参加した展示会があります。11/21(水)、どのような展示になるのか、今から楽しみです。(書は大したことないので、あくまで装丁頼み)

yorocon.hatenablog.com

なお、本芸術祭は11/19(月) 16:00まで(入場無料)です。

 

5. 日曜日の夜・自宅・夕食 & ボジョレー・ヌーボー

そして、今夜の食事では・・・

奥様が作ってくれたガーリックシュリンプと帰りがけに買ったボジョレーヌーボー

ガーリックシュリンプはこの前のハワイ旅行で買った調味料利用。また、ハワイに行きたくなります。

f:id:YoroCon:20181119020925j:image

ボジョレーは季節ですからねぇ。飲まないわけにはいかない。

f:id:YoroCon:20181119020943j:image

テレビはラグビーのフランスvs南アフリカ@パリ。あぁ、フランスに行きたくなりました。

f:id:YoroCon:20181119024900j:image

来年はラグビーワールドカップが日本であります。何枚かチケットも取りました。だいぶ先ですが、こちらも紹介できればと思ってます。

 

ということで、今週も仕事です。頑張ろう。。。

 

6. 最後に

ホント、とりとめのない記事になりました。(最後までお読みいただき、ありがとうございます)

ブログを初めて、最初は何を書いていいやら?だし、そもそも誰かに見られたら恥ずかしいし(なら、なんで書くんだよというツッコミが聞こえそうですが)、誰か見る人いるかなぁ?という感じで、まさか、こんなに続くとは思いませんでした。(実はこれでも半年になります)

星やコメントやブックマーク等、本当にうれしく思い、楽しく続けてます。(今でも、読んでいただいた方がいると、ちょっと緊張しますが^^;)

誘われると直ぐに飲みに行っちゃうので投稿も気まぐれですが(^^;)、それでも、まだまだ書きたいこともあるので、ほそぼそでも好き勝手書いていけたらなぁと思います。

ごくごく平凡な内容ですが、一つでも、何か情報提供できていればなぁと思います。これからも味よろしくお願いいたします。

 

ではでは。

 

美術展:「生誕110年 東山魁夷」@国立新美術館に行ってきました。(2018/11/16)

こんばんは。久しぶりな感じの美術展ネタです。

11/16(金)の夜、また、会社帰りにナイトミュージアム国立新美術館に行ってきましたので、ご報告です。ピエール・ボナールではない方の注目の展覧会です。

 

[目次] 

 

I.展覧会概要

(1)展覧会名称

「生誕110年 東山魁夷」展

生誕110年 東山魁夷展|企画展|展覧会|国立新美術館 THE NATIONAL ART CENTER, TOKYO

f:id:YoroCon:20181118021248j:image

 

東山魁夷(1908(明治41)年-1999(平成11)年)は、いわずと知れた「国民的風景画家」「国民的画家」です。横浜生まれ、少年時代は神戸で過ごします。東京美術学校卒、1933(昭和8)年にドイツ留学をしています。日本・ヨーロッパ・中国と数限りない写生の旅を繰り返し、静謐な画風で数々の風景画の名作を生み出しています。今回の展覧会では、東山の日本の風景画だけにとどまらず、海外(北欧、ドイツ等)を描いた作品も展示されています。さらに古き良き京都を残すための数々のスケッチ、そして、今回の目玉である唐招提寺御影堂障壁画の完全再現と、是非とも東山魁夷ファンならずとも一見の価値あり!というか、一度、生で体験していただきたい展覧会だと思います。

(今回も、説明は美術館での解説・パンフ・図録・テレビ東京美の巨人たち」で見た情報等を基に記述します)

 

(2) 場所

国立新美術館

国立新美術館 THE NATIONAL ART CENTER, TOKYO

 

※ 千代田線・乃木坂駅から直結していますし、六本木駅からも歩いて5・6分です。今回は会社帰りで閉館まで時間がなかったので、美術館に直結の乃木坂駅から急いで行きました。乃木坂駅6番出口(明治神宮前駅進行方向の場合、先頭車両が近いです)から、そのまま美術館に上がっていけます。

 

(3) 会期

2018/10/24(水)~12/3(月) ※ 火曜日休館

気がつけば、会期末まであまり期間がなくなっていました。

 

(4) 開館時間

10:00〜18:00

※ 金曜、土曜は20:00までのナイトミュージアムです。入館は30分前まで。なお、3Fにレストランがありますが、こちらは22:00までやっているようです。(これは、初めて知りました)

 

(5) 訪問時間

11/16(金) 18:25頃 鑑賞時間は約90分でした。展示は障壁画含め約70点です。


(6) 料金

大人1,600円、大学生1,200円、高校生800円、中学生以下無料

※ 私は、国立新美術館で先日行きましたピエール・ボナール展との前売セット券を買っていたので1,100円(セットで2,200円)でした。


(7) 混雑状況

混んでました。ナイトミュージアムかつ国立新美術館は比較的ゆったりとしたスペースで展示されているのですが、それでも、大勢の人がいたという印象です。なお、チケット売り場は混雑していなかったです。入場待ちはありませんでした。

確実に会期末に向けて混みますし、もしかしたら、入場待ちも発生する(もう、休日の昼間などはしている?)かもしれませんので、早めに行かれることをお勧めします。なお、唐招提寺御影堂障壁画の展示は、広くスペースが取られているので、行ったときはまだゆっくり見られました。


(8) 写真撮影

NGです。


(9) ミュージアムショップ

今回、図録2,000円、絵ハガキ120円×3枚購入です。大判絵ハガキは一枚150円です。

クレジットカード利用OKです。(図録は安いと思います)

ナイトミュージアムで終了時間近くまでいたので、レジまではすごく並んでいました。(それでもレジは多いので、10分強くらいの時間で買えました)

 

(10) 美術館メモ

本展の展示会場は2階です。ちなみに1階ではピエール・ボナール展を開催中です。


(11) 行くきっかけ

「日経大人のOFF 2018年1月号」で紹介されていて、見に行くことは決めていました。テレビ東京美の巨人たち」で唐招提寺御影堂障壁画を取り上げたりしていたので、見に行くまでに期待が、ますます高まりました。

 

II. 展覧会所感

(1) 個人的な所感

 私の勝手な印象ですが、横山大観東山魁夷は、日本人がとても好きな画家だと思います。横山大観は壮大な風景画にデフォルメ・デザイン化された風景画に人物画に水墨画といろいろな絵がありますが、東山魁夷の絵画はとにかく風景に焦点が当てられています。風景のある一点を中心に据えてスポットライトを当てる構図等、装飾性を帯びつつも、ありのままの自然を感じさせ、見る人を引き付ける、そんな絵画だと思います。また、東山魁夷独特の繊細な色づかいで、静かながら勇壮な自然の厳しさ、やさしさを描き切る、それが私たちの心に響くというのが魅力だと思います。

f:id:YoroCon:20181118022214j:image

 パンフレットです。代表作の「道」(昭和25(1950)年)です。

(2) 展覧会の構成と気になる作品

f:id:YoroCon:20181118022645j:image

 

1. 国民的風景画家

東京美術学校卒業、ドイツ留学と画家への道を歩み始めた東山ですが、太平洋戦争で本人は招集、終戦前後で父母、弟と家族を亡くし、空襲で家は焼け、身寄りは妻・すみ一人、画家の人生ではどん底の時代を過ごします。このとき、「平凡な風景」が生命に満ち美しいことを感じ、活力を得ます。東山魁夷は「描くことは祈ること」と言っていますが、この時代を経験したことが、その後の画家の創作活動に多大な影響を与えたと感じました。

f:id:YoroCon:20181118022434j:image

「残照」(1947(昭和22)年)

 

2. 北欧を描く

第3回日展に出品した「残照」(前掲)が特選・政府買上となり、その後、人気画家への道を歩む、東山ですが、そこにとどまることなく、新たな絵画を求め北欧へと向かいます。北欧の風景を目の前にして、制作を続ける中で、東山独特の「東山ブルー」も確立されていきます。

 

3. 古都を描く・京都

川端康成から急速に失われつつある京都のかつての姿を描き止めるように勧めらます。東山も少年時代を神戸で過ごしており、京都はたびたび訪れた町であること、また、北欧からの帰国後、皇室から依頼を受けた新宮殿の大壁画制作のため、日本的なものの表現のためには京都を避けて通ることができないと考え、京都を描くことになります。ここでは大画面の絵とともに「京都四季習作」(1964(昭和39)年-1965(昭和40)年)、「京洛四季スケッチ」(1964(昭和39)年-1966(昭和41)年)のような比較的小ぶりの作品も多数展示されています。

f:id:YoroCon:20181118022459j:image

「花明り」(1968(昭和43)年)

 

4. 古都を描く・ドイツ、オーストリア

京都を描き好評を得た画家は、今度はヨーロッパの古都を描きます。東山は先述のとおりドイツに留学をしており、ここで描かれた風景も東山にとっては京都と同様に懐かしい町の風景です。私は東山というと、すぐに日本の風景画が頭に浮かぶのですが、先程の北欧、そしてドイツ・オーストリアとヨーロッパを訪問し、多くの絵を制作しており、それを今回鑑賞できたのは貴重だったと思います。

f:id:YoroCon:20181118022522j:image

「晩鐘」(1971(昭和46)年)

 

5. 唐招提寺御影堂障壁画 間奏 白い馬の見える風景画

いよいよ唐招提寺障壁画に向かいますが、その前に、これも東山の絵として有名な白馬の絵が続きます。

f:id:YoroCon:20181118022703j:image

「緑響く」(1982(昭和52)年) なお、この絵はパリの展覧会時に紛失し、画家が再制作したものとこと。

 

「白い馬が出現したのは、心の平安を願う祈りであり、祈らねばならぬ心の状態であった」という言葉を残していますが、この白い馬のシリーズの後、唐招提寺御影堂障壁画という画家としての大事業に取り組むことになります。

f:id:YoroCon:20181118022716j:image

唐招提寺御影堂障壁画です。(実際のお堂内の写真)

 

f:id:YoroCon:20181118022740j:image

「濤波」(第一期制作。1975(昭和50)年。画家が鑑真和上が来日した日本海側を東北から山口まで歩いてスケッチを重ね作成したものです。


f:id:YoroCon:20181118022743j:image

黄山雨過」(第二期制作。1978(昭和53)年) 画家70歳の作品。初めての水墨画。制作にあたり三度の中国訪問を経て、中国の風景を描くには水墨画であると感じとり作成した作品。唐招提寺の鑑真像を取り囲む側の障壁画は水墨の中国の風景で、その外側は「濤声」のように日本の風景になっています。東山が鑑真に中国の風景を見せるために描いたものです。

 

6. 心を映す風景画

唐招提寺御影堂障壁画を完成させる中で、描くことは祈りであり、どれだけ心を籠められるか、上手い下手はどうでも良い、という境地に達します。東山は自分には才能がないというい思いがあったようですが、いよいよこの思いから解放され、自分が描くことの意味を見出します。そして、その生涯を終えるまで描き続けてゆきます。

f:id:YoroCon:20181118022803j:image

「行く秋」(1990(平成2)年 私が今年見た紅葉で一番美しい紅葉かも。

 

f:id:YoroCon:20181118022814j:image

「木枯らし舞う」(1997(平成9)年) このような動きのある風景画も描いています。描くことを続けることでますます自由になっているような感じがします。なお、「行く秋」とこの絵はドイツの光景を基に制作されているとのことです。

 

(3) 最後に

東山魁夷の絵は竹橋の国立近代美術館でも多数展示されており、また、私の好きなテレビ東京の「美の巨人たち」でも、比較的よく扱われている印象なので、個人的には結構見ている方だと思っていました。でも、他の個展同様、時代を追って、多くの作品に触れることで、少しは画家のことをこれまで理解できたのではないかと思います。

静謐な画風ながら画家の絵画への情熱に圧倒されます。そして画家の誠実な「祈り」を感じられる、展覧会です。是非会場に行ってみてください。

 

展覧会の帰り道、東京ミッドタウンでは、もうクリスマスのイルミネーションが始まっていました。だんだん今年も終わりが近くなりますねぇ。

f:id:YoroCon:20181118022853j:image
f:id:YoroCon:20181118022859j:image

 

最後に、まだまだ開催しているもう一つの目玉展覧会をご紹介。

yorocon.hatenablog.com

長くなりましたが、最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

ではでは。

 

ラーメン:「中華そば みたか」@三鷹に行ってきました。

  こんばんは。久々投稿です。

昨日から仕事復帰です。先週まで、ハワイ旅行に行っていたのが嘘のように普通に一日が終わります。(長く休んだだけあって、それなりに忙しい^_^;)また、どこか旅行に行けるように頑張ります。当分、先の話ですが。。。

  旅行から帰ってきて、無性にラーメンが食べたくなって、土曜日のお昼に行ってきました。別件で、出かけていた奥様もラーメンを食べたと言っていました。考えることは同じですよねぇ。この味、やっぱり落ち着きます。

  で、今回は家からもそう遠くない三鷹駅で途中下車して食べたこちらのラーメンをご紹介。

 

【目次】

 

(1) お店

中華そば みたか

中華そば みたか
〒181-0013 東京都三鷹市下連雀3-27-9 ニューエミネンスB1F
1,200円(平均)450円(ランチ平均)

r.gnavi.co.jp

三鷹駅南口を出て、商店街を3、4分歩いたところにあります。ビルの地下一階です。中は11人が座れるカウンターのみのお店で昔ながらの雰囲気のラーメン屋さんです。このお店は、アド街三鷹の回でも紹介されていましたが、昔から三鷹にあった「江ぐち」さんの店主の方がお亡くなりになった後、お弟子さんが味も値段も引き継いで復活させたとのこと。私もアド街のこの回を見て、行きたいと思っていたお店です。
 f:id:YoroCon:20181113205646j:image

 

(2) 場所

 三鷹駅南口から徒歩3、4分くらい

 

(3) 営業時間・休み

ランチ 11:00 ~ 14:00

ディナー 17:00 ~ 20:30

月曜定休。火~日 営業

 

(4) 訪問時間

11/10(土) 13:20頃 初訪問

この時、すでに12、3人くらい並んでいました。30分弱並んで食べました。

(私は普段は並んでまで入らないのですが、こちらのラーメンがすごく食べてみたかったので、珍しく並んで食べました)

f:id:YoroCon:20181113205736j:image

 

(5) 注文

ラーメンが出てくるまでメモしたメニューはこんな感じです。ラーメンはワンコインでお値段も昔ながらの優しいお店です。

 

ラーメン 500
ワンタン 500
大盛ラーメン 550
ワンタンメン 600
チャーシュウメン 750
チャーシュウワンタンメン 800
五目そば 700
五目チャーシュウメン 800
五目チャーシューワンタンメン 900

もやし、竹の子、卵 トッピング 50
ビール 中瓶 500 小瓶 400
ジュース、サイダー 200
チャーシュウ一皿 400
竹の子一皿 200

(単位は円)

 

  結構、チャーシュウや竹の子(メンマ)を頼んでビールを飲んで、それからラーメンという人がいました。私も飲みたかったけど、この後の予定を考え、グッと我慢しました。(土曜の昼に飲むビール。さぞかし美味しいだろうなぁ。羨ましい!)

 

今回は、ガッツリとチャーシュウワンタンメン卵トッピングを注文!

 

(6) ラーメン分析(勝手ながら)

f:id:YoroCon:20181113012649j:image

見るからに昔なつかしい、中華そば。ナルトが輝いてます。

・スープ:昔ながらのザ醤油ラーメンのスープ。濃すぎず、あっさりしすぎず、ちょうど良い感じです。

こってり度は5段階中2くらいですかね。こってりという基準とは違いますが、味はしっかりしてます(あくまで、自己基準)

 

・麺:太さは太目です。もちもちとした太麺が食べ応えありです。太さは桂花を5段階中3とすると4.3くらいですかね。(これまた自己基準)

f:id:YoroCon:20181113212428j:image

 

・具材:チャーシュー、メンマ、ナルト、ねぎ、ワンタンとトッピングの卵

ワンタンは優しく口の中で溶けます。結構、肉の風味がします。

f:id:YoroCon:20181113231228j:image

チャーシュウはバラ肉系で、醤油スープと食べると脂身とちょうど良く融合して美味しいです。卵は半熟です。

面白かったのは、麺もワンタンも卵(!!)一緒の鍋で茹で上げます。特に卵は、殻を割ってそのまま鍋へ。程よいところで上げて半熟に状態に。プロの技ですねぇ。

 

(7) 所感

ほんと、懐かしい正統派醤油ラーメンという味ですが、麺はモチモチ太麺で特徴的です。ワンタンも美味しく、食べ終わってほっこりします。お店は大きくないので、家族でという感じではないかもしれませんが、2、3人くらいならOKかなぁ。三鷹にお寄りの際には是非お試しを。混んでることは、見込んでおいた方が良いと思います。

 

 f:id:YoroCon:20181113231944j:image

(帰ってきても、食べてばかりだねぇ)

 

・・・そう、痩せませんねぇ^_^;

ではでは。

 

海外旅行:ハワイ最終日。嗚呼、憧れのハワイ「空」路(帰宅編)

ALOHA〜!

(調子に乗るのも、これで最後で)

いよいよ、全日程を終え、これから成田に向かいます。いつも、思いますが、あっという間です。ハワイ。

 

で、最後はカハラホテルで朝食ビュッフェに。私、ホテルの朝食、大好きです。と言っても今までは安いビジネスホテルの朝食サービスくらいしか食べてませんが^_^;(それも、美味しいですよ)

 

  朝から車でカハラホテルに。

f:id:YoroCon:20181108080214j:image

 

朝食ビュッフェではビーフ、ベーコン、スクランブルエッグなど(とチョッとの野菜)

f:id:YoroCon:20181108080014j:image

盛り付けが下手なので美味しそうに見えませんが、美味しいですよ。


f:id:YoroCon:20181108075925j:image

新鮮な果物ジュース。


f:id:YoroCon:20181108075933j:image

トマト、ハム、ベーコンなど、自分で好きな具材を選んでオムレツも作ってくれます。
f:id:YoroCon:20181108075912j:image

デザートにカハラ特有の薄いパンケーキとバターメイプルシロップ。シロップが甘すぎず、バターも効いて美味しいです。

 

で、食後はカハラホテルを見学。こちらは、ハワイの高級ホテルだけあって、施設も充実。中庭のプールにはウミガメやイルカもいます。
f:id:YoroCon:20181108075929j:image

(ウミガメ)
f:id:YoroCon:20181108075937j:image

(イルカ)

f:id:YoroCon:20181108080858j:image

ホテル前のビーチは広々して、すぐに海に入れます!

 

チョッとセレブ感を味わった後は、ダイヤモンドヘッドと海を眺めながら、空港へ。
f:id:YoroCon:20181108075919j:image

お土産の追加を買って、JALラウンジへ。
f:id:YoroCon:20181108075905j:image
最後はやっぱりラウンジのカレーとビールにスパークリングワイン。

f:id:YoroCon:20181108081245j:image
f:id:YoroCon:20181108080007j:image

ハワイでは運転手役でしたが、東京に着いたら、電車で帰るだけ。後はゆっくり飲みます。

 

  これまで、この浮かれた記事を読んでいただいて、ありがとうございました。ブログ書きながらの旅、とても面白く充実してました。では、東京に帰ります(できれば、今後の備忘のため、まとめ記事とか書きたいけど、私にできるかなぁ^_^;気が向いたらということで)

 

  ではでは。

 

ハワイ ダニエル K.イノウエ国際空港

2018/11/7 13:20現在。

 

海外旅行:ハワイ五日目:常設展@ホノルル美術館に行って来ました。

  実質ハワイも今日が最終日。今日は、私が今回行きたかったところ、ホノルル美術館に行ってきました。

 

  まずは、今日も朝の腹ごしらえ。ワイキキからハワイ大学を抜け、マノア地区にあるモーニング・グラス・コーヒーへ。朝からとっても並んでます。

f:id:YoroCon:20181107162715j:image

こちらでハワイアン・コーヒーとパンケーキ。

f:id:YoroCon:20181107162829j:image

スタバの創業者が始めたカフェとのこと。コーヒー、美味しかったです。
f:id:YoroCon:20181107162837j:imagef:id:YoroCon:20181107162833j:image

パンケーキは、チーズとマカロニが入っていて、日本には無い組み合わせですね。トッピングで追加したベーコンと一緒に食べると塩味が効いて美味しい。また、付いてるメープルシロップと食べても甘さとしょっぱさの不思議な融合で美味しい。と、美味しかったのですが、いかんせん量が多くて、食べきれませんでした^_^;

 

  と、長い前置きになりましたが、その後、本命のホノルル美術館に。私は前回初めてハワイに来た時、こちらも初めて来ましたが、結構良かったので、またの来訪です。

f:id:YoroCon:20181107163911j:image

ワイキキからだと車で15分くらいでしょうか。

白い建物が常夏の世界から異空間に導いてくれます。
f:id:YoroCon:20181107163811j:image

中に入ると、最初の部屋では、古代彫刻などが並びます。なお、写真はフラッシュを使わなければ撮影OKです。(海外では、撮影OKなところ、多いですよね。撮りすぎてシャッター音がうるさくならないよう注意ですが)


f:id:YoroCon:20181107163745j:image

次には、中世宗教美術の世界なのですが、今、この部屋のメインに飾られる絵は修復中でピンチヒッターで日本の現代美術家、ハワイ在住の寺岡政美さんの作品が展示されています。アメリ同時多発テロからの混沌とした世界を表現している作品とのこと。(画面右上でバベルの塔に飛行機が衝突しているのが、分かります)


f:id:YoroCon:20181107163942j:image

顔をテーマにした部屋ではアメリカのポップアートの芸術家・アレックス・カッツの絵などが展示されています。

 

そして、オランダ絵画の部屋を経て、印象派の部屋に。


f:id:YoroCon:20181107163927j:image

ゴーギャンタヒチ浜辺の女たち」


f:id:YoroCon:20181107163829j:image

ピサロ「ポン・ヌフから見たルーブル宮、霜の降りた冬の朝の陽射し」


f:id:YoroCon:20181107163921j:image

ブルーデル「弓を引くヘラクレス


f:id:YoroCon:20181107163845j:image

モネ「睡蓮」


f:id:YoroCon:20181107163917j:image

ゴッホ「麦畑」


f:id:YoroCon:20181107163903j:image

クールベ「ジュラ山脈の渓流」

 

f:id:YoroCon:20181107175117j:image

今年、日本でも注目のボナール「マントルピースの上の花」ガラスで反射しちゃってますが。

 

。。。と言った感じで、一部屋ですが、結構な作品が楽しめます。この部屋は日本語解説もあります。部屋全体の感じは、こんな感じ。

f:id:YoroCon:20181107174524j:image

 

続いては、現代アートです。
f:id:YoroCon:20181107163757j:image

まずは、ピカソ「Fan, Pipe and Glass ,1911」


f:id:YoroCon:20181107175517j:image

そして、マティス「Annelies, White Tulips, and Anemones, 1941」


f:id:YoroCon:20181107163804j:image

レジェ「Abstraction,1926」

 

さらにアメリ現代アートでは、ポップアートの代表格。ロイ・リキテンスタインの作品も。
f:id:YoroCon:20181107163849j:image

古代から現代まで、幅広い作品が展示されています。

 

また、こちらの美術館はハワイらしくハワイアン アートについて広い展示スペースがあります。作品はこんな感じです。

f:id:YoroCon:20181107163931j:image
f:id:YoroCon:20181107163859j:image

 

そして、太平洋を取り巻く国やアメリカ、アフリカ、アジアなどの民芸品や芸術作品も豊富に取り揃えています。例えば。。。

 

インドネシア伝統芸能ワヤン・クリの人形
f:id:YoroCon:20181107163852j:image

 

インドのガネーシャ
f:id:YoroCon:20181107163835j:image

他にもフィリピンやアメリカ原住民などの展示エリアもあります。

 

更には日本のエリアでは
f:id:YoroCon:20181107163823j:image

埴輪がお出迎え?!
f:id:YoroCon:20181107163935j:image

柴田是真の作品が多く並んでました。こちらの方、初めて知りましたが、江戸末期から明治初期に活躍した漆工家、絵師だそうで、なぜ、ホノルル美術館に多数展示があるかは?ですが、良い絵でした。

f:id:YoroCon:20181107181652j:image

これも柴田是真。

 

日本だけでなく中国美術、韓国美術、沖縄の焼き物中心の展示室などもあります。

  取り扱う品々が時代、地域の観点から見ても、芸術作品、民俗学的資料という観点から見ても、質・量ともに盛りだくさんです。今回、奥様と来たので90分くらいの鑑賞時間でしたが、じっくり見るなら、もう少し時間が欲しいところでしたね^_^;

 

  入館料は大人$20ですが、JCBカードの優待で$10で鑑賞できます。これは、おススメです。

(なお優待は11/6時点のものですので訪問時は必ず事前にご確認ください)

 

  さて、こちらの美術館。カフェも充実しています。奥様の真の目的はこのカフェ。

f:id:YoroCon:20181107182921j:image

綺麗ですし、食事もできます。

ということで、奥様の注文は、

f:id:YoroCon:20181107163819j:image

ステーキでした。(きっと、慣れない美術館でお腹が空いたのでしょう^_^ガッツリ、いただきました)なお、こちらもJCBカードの優待で10%引きです。

 

  食事もできますし、涼しくて静か。ミュージアムショップもキレイで充実してます。リラックスしに来たハワイで、遊ぶのに少し疲れた時、はたまた天気がイマイチの時など、ビーチとは別のリラックスを感じに来てはいかがでしょうか。(私にはこれが一番のリラックスですね)

 

  美術館の後は、ハワイ西部のコオリナに足を伸ばしました。コオリナはディズニー、フォーシーズンズなどがホテルを建て、開発の進む新たに注目のリゾートです。
f:id:YoroCon:20181107163749j:image

ディズニーのホテル(奥)とチャペル(手前)


f:id:YoroCon:20181107163815j:image

コオリナ・ラグーン。ゆっくりできそうです。

 

  そして、ハワイ最後の夜は帰り支度もあり、明日早いこともあり、休肝日としました。ゆっくり寝て、明日、帰ります。

f:id:YoroCon:20181107184124j:image

部屋から見る夜景も今夜が最後。あっという間だったなぁ。。。

 

  ではでは。

 

海外旅行:ハワイ四日目。疲れもピークか。

  アラフィフのハワイ旅行。四日目にもなると、そろそろ疲れもピークですかね^_^;

若い時のようにガツガツとは動けません。だからこそ、本当に行きたいところを、ゆっくり周る。これも年齢を重ねたからこそできる旅の楽しみの進化形でしょうか。(チョッと負け惜しみ込み^_^;)

  今日は私の奥様のセレクション中心にゆっくりした時を過ごしました。

 

  朝は、ゆっくり10:00に宿泊先を出て(疲れて二人とも起きられなかったのが事実ですが)、ワイキキからダイヤモンドヘッドに向かったモンサラット通りのボガーツカフェでブランチ。

f:id:YoroCon:20181106182355j:image

チャーハン&アサイボウルで腹ごしらえ。スーパーフードのアサイーで少しは体力回復かな?

「インスタ女子に人気だよ」(奥様曰く)との食事はこちら。

f:id:YoroCon:20181106165931j:image

(チャーハン。インスタ女子というより、私達オジさん向け?カフェオレのマグカップアメリカっぽくて、私は好きです^_^)
f:id:YoroCon:20181106165935j:image

(こちらがインスタ女子向けアサイボウル。美味しかったです)

 

  それから、近くのショッピングモール・カハラモールでショッピング。

f:id:YoroCon:20181106170515j:image

(モールは、あえて日本で例えると二子玉川高島屋か。あえて例えなくても良いですね)
f:id:YoroCon:20181106170507j:image

(私はアップルショップでアップルウォッチを見てました。結局何も購入せず)
f:id:YoroCon:20181106170511j:image

(WHOLE FOODSの果物売り場。とてもカラフルです)

 

  そして、二日目にも行った海岸線を走る72号線をゆっくりドライブ。今回2回目。前来た時も2回来ました。この通りは、何回来ても気持ちいいドライブコースです。(奥様も大のお気に入りで、明日も来たいと言ってました。それはどうしよ^_^;)

f:id:YoroCon:20181106172205j:image

有名なハナウマ湾です。前来た時はシュノーケリングもしましたが、今回は上から眺めて、次のポイントへ。

f:id:YoroCon:20181106172340j:image

ハロナの潮吹き穴。押し寄せる波が岩の隙間に入りクジラの潮吹きのように吹き上げます。かなりの波が来ないとなかなか吹き上がらないです。この写真で波の手前で吹き上がってるのが分かりますかね?

f:id:YoroCon:20181106172715j:image

マカプウポイントから見たラビットアイランド。島の形がウサギの頭に見えますか?そう思って見てみてください。

この海の背後の丘はトレッキングポイントでも有名です。

f:id:YoroCon:20181106173119j:image

 

  そして、遅い昼食を摂りにココマリーナに。ココマリーナは映画館やレストラン、ショップなどが集まる場所で、裏はマリーナになっています。

f:id:YoroCon:20181106173701j:image

 

こちらのモエナカフェでパンケーキを注文。

f:id:YoroCon:20181106173308j:image

f:id:YoroCon:20181106173826j:image

ストベリーパンケーキ。美味しいですが、となりのスプーンと比べても分かるように、とにかく大きい。ラージサイズのピザより大きい?

なお、食べきれない分はお持ち帰りできます。(店員さんが持ち帰るか聞いてくれます)

 

  そして、お土産を買いにアラモアナ近くに戻ってドンキホーテに。ここの店舗、とにかく大きいです。

f:id:YoroCon:20181106174347j:image

品揃え、完全に日本です。

f:id:YoroCon:20181106174441j:image

日本から色々と持ってこなくても、ここでなんでも揃います。さすが、ドンキ。

 

  最後は、本日のメインイベント。

今週のお題「リラックス」にもつながる

ワイキキのロミロミマッサージへ。

(またリラックスですが、そういう旅行です^_^;)

  お店は、ハイアット近く、日本居酒屋「花の里」さんのある建物の二階「カフナ&マナ マッサージ」さん。

f:id:YoroCon:20181106180353j:imagef:id:YoroCon:20181106180412j:image

こちらのマッサージ店は、ベッドは3つで、こじんまりしてますが、私たちが訪問した時は日本人女性の方が二人いて対応してもらいました。

「肩こってますね〜」「だいぶ、かたくなっていますね〜」とマッサージの方のお手を煩わせながら1時間みっちりほぐしてもらいました。(だいぶ手強い客ですみません)

チップ込みで一人$66。ハワイでは、かなりお手頃価格で十分癒されます。おススメです。

 

  すっかり、体の疲れも取れ、最後はマッサージ店からの帰りに、おむすび屋さんでおむすびと豚汁セットの夕食をゲット。

おむすび屋さんは、「いやすめ」さん。

日本人以外もお客さんは結構いて、おでんもあります。(おでんは奥様の意見で泣く泣く却下)

f:id:YoroCon:20181106181231j:imagef:id:YoroCon:20181106181236j:image

部屋で、ゆっくり晩酌。旅の疲れを癒しリラックスしてます。ハワイで豚汁?美味しいですよ。

f:id:YoroCon:20181106181451j:image

 

なんだか、二日目と似たような過ごし方ですが、今日は今日で、ゆったり過ごせて、良い一日でした。

明日は、ハワイで一日丸ごと過ごせる最終日。私のハワイのもう一つの目的の場所に行く予定です。明日も一日楽しみたいと思います!

 

  では、最後にワイキキの夕日をお届けします。

f:id:YoroCon:20181106181921j:image

 

ではでは。

 

海外旅行:ハワイ三日目。初めてのハワイ

  今日で三日目になりました。旅も折返し地点。

  私達夫婦は、一週間くらいの旅行中、別行動の日を作ることが多いです。お互い、行きたいところに、じっくり行きたいですからね。

ということで、奥様はアラモアナからDFSとお買い物三昧。そして私は。。。

 

本日、奥様を買い物のスタート地点に送ってから、私の中で密かに今回の旅行の目的の一つに設定していた、

  パールハーバー

へと向かいました。

前回は行けなかったパールハーバーアリゾナ記念館をはじめとしたいくつかの記念館、博物館に行って来ました。私は今回が2回目のハワイですが、前回は敢えて行こうとも思わなかった、むしろ日本人としてチョッと行くのが怖い気持ちもあったと思います。今回は、この「自由時間」(修学旅行みたいですが)を使ってこの場所に行くことにしました。

 

  アメリカ海軍の管轄なので、入場時にカバンは持ち込み禁止など、お作法があるので、また今度、詳細は紹介したいと思いますが、触りだけでも、ご紹介を。

 

1. パール ハーバー・ビジターセンター

f:id:YoroCon:20181105184535j:image

入場は無料ですが、先ほどの通り、カバン持ち込み禁止なので、預けるとカバン一つ5$かかります。

(前にいた恐らく中南米系のおばさんがカバンを3つ重ねて「これは一個だ!」と言い張って断られてるのを目の当たりにしてビックリしました^_^)

中に入るとインフォメーションセンターがあり、色々なセンターのチケットを購入できます。なお、アリゾナ記念館は無料です。

f:id:YoroCon:20181105185133j:image

 

1. アリゾナ記念館

太平洋戦争開始のきっかけとなり、日本の奇襲により1000人の兵士達が運命を共にして、その姿を歴史の中に沈めていった戦艦アリゾナ。その上に建てられたのがアリゾナ記念館です。

23分の戦争記録映画を見た後、船で記念館に向かいます。が、なんと今は船着場から記念館への桟橋(通路)に不具合が見つかり修繕中。2019/3まで上がれません。なので、今回は船から見ておしまいでした。

f:id:YoroCon:20181105185554j:image

(白い建物がアリゾナ記念館。この下に戦艦アリゾナが眠ります)

アリゾナ記念館には入れませんでしたが、敷地内に二つの展示施設があります。ともに無料です。

・戦争への道博物館

真珠湾攻撃へと向かうまでの歴史に関する展示が見られます。

f:id:YoroCon:20181105190822j:image
f:id:YoroCon:20181105190054j:image

戦艦アリゾナと日本の空母・赤城の模型です。日本の戦闘機のよる空からの攻撃が、戦艦中心の戦争の形をを変えたとのこと。そしてその真珠湾攻撃の直後、日米開戦に。

・攻撃時資料博物館

戦争による攻撃時の品々が展示されています。血痕のついた制服など生々しい展示もあります。

 

2. 戦艦ミズーリ記念館

パール ハーバー・ビジターセンターからシャトルバスで米軍のあるフォード島に渡ると「マイティー・モー」の愛称で米国民に親しまれたミズーリが停泊しています。戦艦は現在、一般公開され歴史の姿を伝えることにその役目を変え、多くの人を迎え入れています。

f:id:YoroCon:20181105192042j:image
f:id:YoroCon:20181105192046j:image

その砲台と船上からの眺めです。迫力はすごいです。生で見られて良かったですが、こんなものが実際に使われたかと思うと、恐ろしさを感じます。

 

3. 太平洋航空博物館(Pacific Aviation Museum)

こちらは、ミズーリ記念館からシャトルバスで次の停留所にある軍用機の展示施設です。飛行機の2つの格納庫を展示施設としています。

f:id:YoroCon:20181105192844j:image

日本の零戦です。当時の最新鋭機です。
f:id:YoroCon:20181105192839j:image

79格納庫に展示の期待が並びます。
f:id:YoroCon:20181105192834j:image

映画「トップガン」でも使われたF-14TomCatです。
f:id:YoroCon:20181105192847j:image

サメの顔に機体のトラの絵。フライングタイガースの機体です。

 

  なお、私は戦艦も戦闘機も詳しくありません。今日の日本語ガイドの記憶から書いてます。間違いがあれば、ご指摘ください。

 

4. 最後に

  私は盲目的な戦争反対論者です。戦争はもちろん経験していません。私の祖父母はみんな経験者でした。でも、その祖父母たちも今はもういません。

今、戦争反対を唱えるだけで解決しない複雑な課題が世界に山積しているのかもしれません。でも、ここに来て改めて平和の重要さを感じます。日本人だから、色目で見られるなんてことは決してありません。この平和なハワイで、ほんの77年前に起きた大惨事。それは日本が始めたことでもあります。そして、改めて思う戦争の悲惨さ。単純に「戦争は絶対しない」この気持ちを常に持ち続けることが、小さいけど第一歩ではないかと思います。そのためにも、ぜひまた訪れたい場所です。平和を願う全ての人の一人として。

 

  最後は広島で原爆被爆後、12歳でその生涯を閉じた佐々木禎子(さだこ)さんが生きるために折った千羽鶴です。攻撃時資料博物館の最後に飾られています。

f:id:YoroCon:20181105201627j:image

この折り鶴の祈りを私達が裏切らないように、そして、明日のハワイも平和でありますように。

 

  以上です。

 

海外旅行:ハワイ二日目。今日はハワイらしく

ALOHA〜!

なんて、出だしは、「この人、もうカブれてる」と思われるでしょうが、恥を承知で言ってみます^_^

昨日はハワイ感薄めでしたが、今日は前面に出していきます!

ハワイも二日目になり、すっかり気分もリラックスしてきました。そこで、

今週のお題「リラックス」

に少し強引ですが、寄せて書いてみます。

 

「リラックス」すること。色々あると思います。友達や家族と過ごす、寝る、一人になる、などなど、人の数だけリラックスがあるでしょう。で、今日私が遭遇したリラックスをご紹介していきたいと思います。

 

1. 景色を楽しむ

緑に囲まれた景色、海に囲まれた景色、雄大な景色を見ることは、感動を覚えますが、リラックスできますよね。ただ、そこにいるだけで自然に抱かれ、今そこにいる自分を自然と受け入れられるような。今日行ったところでは。。。

f:id:YoroCon:20181104175213j:image

ダイヤモンドヘッド。高い山ではないですが、緑の中そびえる姿を見ると、清々しい気持ちになります。

f:id:YoroCon:20181104180748j:image

ホノルルからオアフ島東部の町カイルアに向かう途中の海。モネの絵にも出てきそうな風景です。

f:id:YoroCon:20181104175628j:image

海原に目を向けると綺麗に広がる水平線。海に抱かれるようで、癒されます。

カイルアに向かうオアフ島東側の海岸線には、何箇所か「SCENIC POINT」なる標識があり、海に山にと雄大な景色が繰り広げられます。

 

2. 美味しいものを食べる

これも、美味しいものと出会ったことへの興奮から、やがてリラックスした気持ちへと変わっていきます。

 

f:id:YoroCon:20181104181448j:imagef:id:YoroCon:20181104181714j:image

カイルアのパンケーキの有名店、ブーツ&キモズのココナッツパンケーキ。甘すぎないココナッツミルクのソースとバターの効いた薄めのパンケーキが三層に。絶妙のバランスで美味しいです。お店は

f:id:YoroCon:20181104182035j:imagef:id:YoroCon:20181104182100j:image

アメフトグッズがディスプレイされた、ちょっとポップな雰囲気です。今日は15分待ちですが、もっと並ぶことも多いので、行かれる時は時間に余裕を持って。なお、ハワイでは珍しくカード不可です。

 

f:id:YoroCon:20181104182352j:imagef:id:YoroCon:20181104182423j:image

クアロアからノースショア に向かって、ノースショア ちょっと手前のFUMISというお店のガーリックシュリンプ。このお店は自前で養殖したエビを提供してます。白い方がバター、赤い方がスパイシー。どちらも新鮮なエビにニンニクの効き具合が素晴らしいソースが相まって、とても美味しいです。

f:id:YoroCon:20181104182927j:imagef:id:YoroCon:20181104182959j:image

お店は有吉弘行さんの特番でも紹介されたとか。ちなみに、こちらもcash only、カード不可です。

 

f:id:YoroCon:20181104183057j:image

デザートは果汁100%ジュースとかで有名なあのDoleのドール プランテーションのパイナップルアイス。パイナップルの酸味が効いていて甘すぎず爽やかな味わいです。量が多いので私たちアラフィフ夫婦には一つでも十分です。

f:id:YoroCon:20181104183457j:imagef:id:YoroCon:20181104183512j:imagef:id:YoroCon:20181104183626j:image

ここは、食事もできますし、Dole製品、Tシャツなどのお土産も売ってますし、果樹園遊覧もできます。結構、楽しめて好きなポイントです。また、Tシャツを買っちゃいました。(写真のTシャツとは別のものですが。買い物でもリラックス)

 

3. 生き物たちとの触れ合い

普段見かけない生き物、普段よく見ていても旅先の意外なところでの生き物との出会いは、驚きを感じながらもリラックスした気分にさせてくれます。今日の出会いは。。。

 

f:id:YoroCon:20181104184151j:image

ノースショア ラニアケアビーチのウミガメ。人が近づき過ぎないように保護されているので、だいたい海から上がってきたウミガメに出会えます。なんか癒されますよねぇ。

 

f:id:YoroCon:20181104184418j:image

ドール プランテーションにいた猫。目は訝しげ^_^;ですが、意外と人なつっこく、近くに来てくれました。うれしい出会いです。

 

4. いろいろなリラックスがありますが。。。

人それぞれ、色々なリラックスがありますが、私の場合、少しの驚き、意外性、興奮を伴ったあとに広がる「良かったぁ」「うれしい」というような気持ちが、より強いリラック感を生んでくれるようです。刺激が強過ぎてもリラックスできないし、まったくなくてもダメ。マッサージなどで顔を歪めつつ「気持ちいい」と思うような絶妙なバランスがリラックスを生んでいるように思います。(マッサージも強すぎても痛いし、弱過ぎても気持ちよくないし)

旅も適度な緊張とそこからの解放。それがリラックスにつながっていると思いました。この後も、思いっきり、リラックスしたいと思います!

で、やっぱり一番のリラックスは、一日の終わりのこれですかね。

f:id:YoroCon:20181104185404j:image

 

おいおい、結局、また酒かよと思われるでしょうが(その通りですけれども)、最後にリラックスしていただけそうな光景を一つ

f:id:YoroCon:20181104185608j:image

濃い虹の外にうっすら虹が二重になっているのが、分かりますかね。

 

では、明日もリラックスした良い一日になりますように!

 

海外旅行:ハワイ初日。今のハワイ

こんばんは。ハワイに着きました。

着いたばかりで、疲れているから、今日はゆっくりしたい、と思いながら、ハワイはゆっくりさせてくれません。休む間も無く、色々と動いてます。(というか、動かさせられてます^_^;)

 

  まず、お伝えしたいのは、11/2時点、ハワイはストライキの真っ只中です。マリオット系列ホテルの従業員中心に、もう4週間くらい続いているとか。労使交渉で3ドルの賃上げ交渉中とか。詳細は他の記事に譲りますが、「ハワイ ストライキ」で検索すると、はてなブロガーの方の記事など、いくつもヒットしますので、関心のある方は是非見つけてみて下さい。

f:id:YoroCon:20181103171418j:imagef:id:YoroCon:20181103171503j:image

ワイキキ、モアナサーフライダーの前でデモをする人達。このほかにも数カ所で金物を鳴らしながらシュプレヒコール(歌のようにも聞こえる)が続きます。昼に着いてから、夜の今まで、ずっとコールが鳴り響きます。

このデモが続けられる中でも、ハワイの週末の賑わいは相変わりません。

f:id:YoroCon:20181103181613j:image

(パフォーマンス中の人と観衆。ノリノリです)

 

ハワイとは縁のなさそうなデモという働く人々の現実、ハワイにバカンス!で来ている人々の非現実、異なる世界が交差する、違和感たっぷりな世界が繰り広げられます。そしてこれが世界の現実なのでしょう。

 

と、ハワイ感のない話題で始まりましたが、それでも、宿泊先のコンドミニアムから見える高層ビルの狭間にのぞく海、そして広がる空の青は、やはり、それがハワイのものであることを証明してます。

f:id:YoroCon:20181103172856j:image

(ここでも、デモの声はよく聞こえますが^_^;)

 

  さて、今日はワイレケアウトレットというところで早速お買い物に行ってきました。ここは、敢えて日本で言えば木更津アウトレットというところでしょうか。(すみません。たとえもハワイ感のゼロですね)

とても広いです。

f:id:YoroCon:20181103173340j:image

ここでは、まず、おやつにレナーズというマラサダをいただきました。

f:id:YoroCon:20181103173528j:imagef:id:YoroCon:20181103173550j:image

ドーナッツのように見えますが、食べると中は生地がしっとりとして、まるでカスタードクリームを食べてるかのよう。不思議な食感と美味しさを堪能してきました。

その後、Poloでお買い物。(ようやく少し奥様孝行も)

 

  一度、宿泊先に戻りに、先ほどのデモの人たちを尻目にワイキキに食事に。ロイヤルハワイアンセンターのフードコートでステーキ(チャンピオンズ)と中華(パンダ エキスプレス)を。

f:id:YoroCon:20181103175400j:image

f:id:YoroCon:20181103175035j:imagef:id:YoroCon:20181103175056j:image

f:id:YoroCon:20181103175235j:imagef:id:YoroCon:20181103175258j:image

量は多いですが美味しかったです。食べきれない分は持ち帰って、ビールのつまみに。

 

帰りがけ、歩いていくつか気になるものにも遭遇。

f:id:YoroCon:20181103175550j:image

あのトランプ大統領経営のホテル。初めて見ました。

 

f:id:YoroCon:20181103175648j:imagef:id:YoroCon:20181103175655j:imagef:id:YoroCon:20181103175716j:image

イーロンマスク、テスラ社の自動運転車。初めて見ました。運転席は、タブレットの集積。フロントはトランクになっているのも技術力があること、斬新であることの主張のようで目を引きます。今度は運転席に座ってみたい。

 

f:id:YoroCon:20181103175956j:image

とくダネ、小倉智昭さんのラーメン屋、なかむら。初めて見ました。ただの小ネタです。行きません^_^

 

  で、ようやく帰ってきて、ようやくこの一杯にありつきました。

f:id:YoroCon:20181103180547j:image

 

  と、初日からハワイ感ゼロの記事になってしまいました^_^

(ハワイに来る前に、古くからの会社の後輩の女性に言われたんですよね。「日本で一番ハワイが似合わないですよね」。。。納得)

 

  最後に、せっかくなので今回のハワイの相棒を紹介。

f:id:YoroCon:20181103180659j:image

安全運転で楽しみます。

 

では、本当の最後は少しくらいハワイ感のある写真で。

f:id:YoroCon:20181103180941j:image

 

明日も忙しくなりそうです。ではでは。

 

海外旅行:嗚呼、憧れのハワイ「空」路

晴れた空〜、そよぐ風〜

(今の人には、分からないかなぁ)

 

と、相変わらず、分かりにくい出だしで、すみません。ようやく、このカテゴリーの記事を書く日が来ました。(パチパチ)

 

今から一週間、休みを取って、夫婦でハワイ・オアフ島(ホノルル滞在)に行ってきます!

で、今は成田空港です。フライトは22:00なので、フライトまで、JALサクララウンジの紹介です。

f:id:YoroCon:20181102201629j:image

 

先ずは、昼間の仕事の汗を流すべく、シャワールームに。

f:id:YoroCon:20181102201649j:imagef:id:YoroCon:20181102201711j:image

トイレも付いていて、チョッとした個室でゆっくり汗を流せます。ちなみにスーツは東京駅から宅配で自宅に送ったので、仕事とは完全におさらばです。

その後はお楽しみの食事です。ビュッフェ形式で、

f:id:YoroCon:20181102202000j:imagef:id:YoroCon:20181102202020j:image

サラダバー的なところは、生春巻きもあって、結構充実してます。

でも、先ずは、ビールということで、こちらを選択。

f:id:YoroCon:20181102202231j:image

黒豚シュウマイにミニ肉まん。鳥とトマトのココナッツスープ。シュウマイは豚が粗みじんで、肉汁も肉の食感も十分で、美味しゅうございました。おススメです。スープもココナッツミルクの風味で、美味しいです。

次はJALのラウンジといえば、こちら。

f:id:YoroCon:20181102202509j:image

そう、名物ビーフカレー。ほとんどの人が食べてます。深いコクに、ほのかな辛さ。贅沢な一品です。チキンカツをトッピングしてみました。ここでもビールは欠かせません。

妻曰く、「今回の旅行で一番美味しい食事は、こことかというオチにならなければ良いけど^_^;」

なお、今日はビールしか飲んでませんが、ワインも

f:id:YoroCon:20181102202816j:imagef:id:YoroCon:20181102202826j:image

赤白、取り揃えられてます。焼酎、ウィスキーとかもあります。

(昨日のJALのニュースでは、お酒の話題は不謹慎かもしれませんが)

食事を終え、くつろぎのエリアはこんな感じです。

f:id:YoroCon:20181102203040j:image

フライトまではあと一時間と少し。寝ちゃって、飛行機に乗り遅れないようにしないと。

 

羽田空港JALサクララウンジも行きましたが、成田の方が広くて私達夫婦は、こちらの方がお気に入りです。食事の種類は実は羽田の方が豊富ですが、成田も少数精鋭、お味はバッチリです。

 

ハワイは今回で2回目。前に行ったのは3年前。前回は海に入るのがメインでしたが、今回は前回行かなかったところにも行ってみたいと思ってます。どこに行くかは、あまり決めてませんが。。。(行き当たりばったりです)

 

  普段、奥様孝行を何もしてませんので、今回少しでも、普段の汚名挽回、禊ができれば良いのですが。(でも、そうは行かないかな)

で、我が家のお猫様は当分はキャットシッターさんのご厄介に。

 

f:id:YoroCon:20181102204233j:image

(私はゆっくりお留守番)

 

・・・よろしく、お願いしますね!

 

今週は、明らかに浮ついた投稿ばかりになるでしょうが、あらかじめ、ご容赦ください^_^;

では、行ってきます。

f:id:YoroCon:20181102205434j:image